2016年12月30日

え?うそ!?文化祭まであと10日ぴよん!?

明けましておめでとうございまーす!
あれ、年末にブログ当番だったはずなんだけどおかしいわねえ、気が付くと文化祭まであと10日とか、ご冗談ですわよね。
まあここからラストスパートかけて準備していきしましょう。

さて、わたくしはトリオンプ店鳥こと、とりいまりこでございます。
今回は初めてトークでステージ枠をいただきまして、文学講義をいたします。
テーマは、腐女子が語るウンベルト・エーコ「薔薇の名前」
薔薇の名前.JPG


この本です。
詳しくは前回のブログ
をご覧ください。

厚みある本ですし、一見してとっつきやすくはないですが、
読んでみると面白いし萌えどころ満載なので、ぜひ皆様にご紹介したいんですよ。
そしてこの本を徹底的に娯楽作品として紹介することで、
文学は面白いものであり、楽しんでいいものだということも感覚的にわかっていただけたらと思うんですね。
だって面白いから名作でベストセラーになってたくさんの人が読んだんですよ。
文学なんて興味ない方にも笑ってもらえるようにしゃべる予定ですので、
ちょっと長い漫談だと思っていいからとにかく聞いていってください。
ただし、途中からだと話わからなくなるかもしれないから、
ちゃんと一日目開会から来てね〜。
よろしくぴよ〜〜ん。






posted by トリオンプ文化祭 at 00:00| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

ミントブルーです。

初めましての方もお馴染みの方もこんばんは。
ステージ部門で出演させて頂きます、セッションユニットのミントブルーです。固定メンバーは鍵盤弾きの北、私ひとり。
セッションユニットというからには、ゲストボーカルさんやらサポートさんやらに参加頂いております。
そろそろ皆様にも覚えて頂いてきましたかね?

今回の出し物は歴代カバー曲をやろうかと思っていたのですが気づけばオリジナル多めに。

今年はソロが多めでしたが干された訳ではないです(笑)

今回の文化祭、それなりに仕掛けも用意してございます。
当日お楽しみにです!
posted by トリオンプ文化祭 at 19:35| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

第二話題で思ったままに {GS伝説(伴奏音源でのソロボーカルライブ) と ベルばら朗読劇;トークショー}

★再び登場で、こんばんは。

■前回も遅れ投稿でしたが、今回も遅れです。でも前回よりはるかにマシな遅れにとどめました(↓下記参照/笑)。

※エ〜ッと12/28の投稿です。で、また日時指定で遅れゴマかして第二担当日26日に投稿のごとく見せております(再詫)。

■わりと文化祭ブログに書くときは、上演内容解説を本気で書き込んでしまう今までなのですが、三回めの担当日がそれを書き込む(個人的)予定でありますので、この二回めは思ったままな感じで書いて見ようかと。

■トリオンンプ文化祭では、最初飛び入りタイムで3曲歌唱させてもらったのが最初で、確かビートルズ2曲とグループサウンズもの1曲を歌ったと記憶してます。60年代末〜70年代初頭のロック、ポップスをカバーするのが私のメインテーマなのです。もちろん他の年代のものも気に入った曲はあり歌います。で、この年代のネタがメインとなる理由は以下に興味を持つから…‥↓

■それはビートルズの活躍した時代の最後であり、その解散の時期である60年代末ではロックの多様化、前衛的、アーティスティックな試みが多く行われて、世界的に見ても商業ベースの音楽ビジネスの世界に新しいタイプのアーチストが活躍した時期、既成のスタイル(商業ベース、音楽ビジネス的な)に囚われない色々な音楽やアーチストが出現して、コマーシャリズムに染まらないままのそれらアーチストが商業ベースメジャーの世界に多く出て来たユニークな時代なのです。同時代にはヌーブルバーグ旋風(フランス発映画運動;新しい波)が起こったり、さらに例えばアンダーグラウンド表現、様々な前衛的アート、文学、演劇、朗読、踊り、もちろん音楽も…‥これら他も含め色々なこの時代の「既成文化に対する新文化の勃興」をくくってカウンターカルチャー(counterculture/対抗文化)と呼称します。

■で、批判したくはないのですが、例えば現在の音楽界に多い女子ユニット、グループのスタイルは(興味持てるそれもありますが)コマーシャリズムのベースに乗ってやろうと言うスタイルと言えると思います。(それだけじゃないな、とも思える面を見ることもあります、良い表現が生まれる場合もあるかと)でも分かりやすい比較をするとそう言うことです。それが悪いとは言わないけど、あまりにもハナから色モノ狙い(色っぽいモノ狙いと言う意味ではありません)すぎるかなぁ、と素直に言ってしまうとおコラれるかな。

■ようは、自分の表現したいことを試みて、もちろんそれなりにクオリティを追求しながら、やりたいことをやって行ってほしいな、自分もそうでありたいな、そんなことを共感したいだけなんです。そんな人たちを観たりつながったりしたいな、と言うことで十分なのかも知れませんね…‥。

■で、飛び入りタイムでやった結果、英語曲よりグループサウンズ(以下GS)の方がここでやるのには良いかな、という店鳥の感触を受けて(もしかして、こんな発音では歌わせられんと思われたか…‥/汗)、そこから始まったGS路線が(それは自分でも取り組んでいることですが)、おかげさまで続いて来ているわけです。GSには美し路線の曲が多いのでトリオンンプに合うというのもありましたし。それが大事なポイントな上で…‥GSには洋楽ポップス、ロックに迫ろうと成功したりイイ線行ってる曲も発見できるのです。

■そういうことでライブハウスでもないアコースティック系向きのトリオンプで、伴奏音源使って一人立ちライヴで、(基本的にはロック系の)GSを歌ってます。さてこれまで観ていただいている方々も多いのですが、堂々と出演しているように見えますか? 実はトリオンプで歌うのはライブハウスでバンドをバックに歌うよりずっとズット大仕事です、なんかしら不安なままやってます。プレッシャーありです。お客さんも近いし、顔見えるし、お馴染みな人多いし、音楽表現者多いし…‥オソロシー舞台と思いませんか? 

■今回はマイコプラズマ肺炎からの復活を賭けておりますが、GS系カバー仲間のバンドの方(医専門家)から「それは20代までが主にかかる肺炎」と強調されました。「じゃあそれって青春の肺炎(喜!)」と呑気に呼んでる場合かと自重しつつ…‥上記のプレッシャーっぽい美しトリオンプで、またまたGS、三回めになるトップスター;タイガースの後期ロック系の曲を並べ、彼らのファイナルまでを表現します。実際その解散が近づいた時期の曲セットなのです。…‥と言うことで、結局長々書いてしまいましたが、22日;日曜日18:30からの「GS伝説」を→"日曜日の夜〜! "と見捨てないで(笑/ホントに)ぜひヨロシクお願いします〜。

☆☆☆あとベルばら朗読劇;トークショーも同じくヨロシク〜21日;土曜日17:05からです。☆☆☆
☆☆☆前半ストーリーの中で置いてけ堀にできないエピソード、次回予告を書きます〜。☆☆☆

(↑※古典的言葉「置いてけ堀」が??? で → 何なのか聞きたい人は聞いてくださいね〜 ぜひ♪ )


posted by トリオンプ文化祭 at 23:59| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスは去ったもういない

2016年!世界はクリスマスの光に包まれた!
心は荒び、肌は裂け、全ての非リア充から魂が抜けたかのように見えた。
だが、世界は非リア充を見捨ててはいなかった!

皆さんこんばんわ
Camellia&Applauseの千紗渡です。

ということで今回の朗読のお題は冒頭の流れの通り
「後継者」
デス。

今回は3人がそれぞれ台本を書き、死闘を繰り広げ、
Camellia&Applauseが3回目のトリオンプ文化祭に発表する
過去最高の後継者を選出致しました。
よろしかったらぜひお越しください。

また、いっき音響による神業も一段とグレードアップしております。
こちらも合わせてお楽しみください。
                                         
                                         Camellia&Applause                                           
posted by トリオンプ文化祭 at 02:29| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

はじめまして

IMG_0224.PNG
トリオンプのみなさんへ。

こんにちは。
みなさん、はじめまして。
わたしの名前はエマ。
最近わたしの住んでいる町の空には、
栖音(せいおん)座が見えるようになったの。
あなたの住んでいるところからもみえるかしら…?
今度、夜にお外に出た時に探してみてね。
お星様は歌うって言われているから、
よく耳を澄ませてきいてみてほしい。
たとえ見つけられなくても、
きっとどこかで歌っているはず。
どこか懐かしい、けれど、聞いたことのない
メロディを感じたらそれはたぶん………。

fernweh。なんて読むか、わかるかな?
わたしなりにいうと、これはフェアンウェイ。
このたび、わたしがパイロットになって
操縦する飛行機………こほん。
というのは冗談で。

改めて、今回トリオンプさんの文化祭の
ライブ部門に初出場させてもらうことになりました。
紗ちゃんが歌を、aonちゃんがピアノを弾いて、
新居昭乃さんや坂本真綾さんや菅野よう子さんの曲の演奏するみたい。
そのカバーグループの名前です。
どんな意味かは、ライブで二人に聞いてほしいな。
初めての参加で、わたしも、紗ちゃんもaonちゃんも、すごく緊張してる。
でもね、とってもとっても楽しみなの。
わたしが出会った風景や、音楽をみんなに聞いてもらえること。
一緒の空間でそれを感じてもらうこと。
それってすごく奇跡みたい!
暖かく見守ってもらえると嬉しいなぁ。

最初のわたしからのメッセージはこれでおしまい。
それじゃあ、また!1月に会いましょう。

emma

P.S 次は、Camellia&Applauseさんにバトンタッチ!

posted by トリオンプ文化祭 at 00:08| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

演奏のお供に口笛を。

口笛ウクレレ弾き吹きで文化祭参加3回目のAmiCat.です。
くちぶえ教室に通ってかれこれ10年に迫ります。ですが、あまりうまくなってません。
それでも、楽器としてはメジャーではなく演奏としては珍しいので、ぜひ聴いていただきたいと思います。
伴奏にウクレレも使いますが、今回は、今年の夏に川崎市で口笛世界大会も開かれたので、その内容も交えて口笛に立ち戻って解説したり演奏したりしたいと思います。
皆さんへの、バンド演奏やソロ弾き語りに口笛も混ぜるおすすめになるようなヒントも提供できたらなと思います。
今回も演奏はアニソン縛りで行きたいと思います。新旧ありますので何が出るかはお楽しみです。

Twitter: https://twitter.com/AmiChat
posted by トリオンプ文化祭 at 12:00| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

昨年のプログレ講義に続いて今回は変拍子の話

こばひっです。

去年はプログレ講義ということで「長くて面倒くさい音楽はみんなプログレ」という大味な話を展開しましたが、今回はもう少し突っ込んで「変拍子」です。
基本形である5拍子を念頭に11拍子、7拍子、あわよくば13拍子くらいまでの話をできればと思います。

後半は実際の曲を聴きながら「おいどうするんだコレ」というような素材をかみ砕いて説明してきます。
この講義が終わる頃には普通の4拍子がマトモに取れなくなっていることと思います。

あ、ダメですね。
いけないことをしてるような気がしてきました。
コンセプトは「通りすがりでも自然と入ってくる面倒くさい音楽の話」です。

※ブログ当番は前日12/20でした。一日遅れましてすまぬすまぬすまぬ(残響音含む)
posted by トリオンプ文化祭 at 23:36| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名もなき流転の竪琴弾きです。

第8回トリオンプ文化祭開催おめでとうございます。
2日目の1/22(日)に参加させていただきますオートハープを鳴らしファンタジーを歌う流転の竪琴弾きと申します。
宜しくお願い致します。
どうぞお気軽に「るてん」とお呼びください。
オートハープってなんだ?
となる方が多いかと思われますのでザックリした説明を。
ボタンを押し弦を弾けば和音を鳴らせる楽器です。
とてもとても簡単な単純な楽器です。
主にカントリーミュージック、ブルーグラスなどでよく弾かれる楽器ですが僕はファンタジーを弾き語ります。
つまりどのようなジャンルでも馴染む素晴らしい楽器です。
...がこんなに良い楽器なのに人気がないのです。
皆様にオートハープの良さを伝えられればと願います。

そして僕はファンタジー世界も愛しております。
現実的に物事を進めることは大切なことのひとつと認識しております。
しかし最近の世の中はあまりにもそちら側すぎて僕は苦しくなります。
ファンタジー世界は僕の息苦しい気持ちを救ってくれます。
そして現実世界で生きる勇気を希望を持つことができます。
ファンタジー好きだと言うと現実から逃げているように思われますが
現実に立ち向かうひとつの術なのです。
きっとこの世界のどこかに
僕と同じような気持ちになっている方々がいるはず。
そんな方々に大人になってもファンタジーを好きで良いんだよ?という思いをオートハープとともに伝えたいです。
なんだか空回りの文章になってしまいました。
素敵なイベントに少しでも花を添えられるよう精進いたします。
皆様にお会いできる日を楽しみにしております。
posted by トリオンプ文化祭 at 00:38| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

うさ探偵の音楽事件簿

ボクはうさ探偵!解決できる事件はなんでも解決!

トリオンプ文化祭には前回の「高低差」に続いて二回目の登場です。今回はちょっと歌ってそしてしゃべります。

題して

「うさ探偵の音楽事件簿」

音楽にまつわる謎を、わたくしうさ探偵が華麗に解いてまいります。

今回が記念すべき第1回!そして取り上げるテーマはなんと「ビートルズ」です。いったいどんな謎が隠されているのか!?答えは1月22日、ステージ部門2日目に明かされます。トップバッターですのでお見逃しなく!

posted by トリオンプ文化祭 at 08:21| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

19日でカフェ担当御用納め?なミトマです。

※店鳥さんに確認してみます。

確認中

どうやら、そのようでした。

みんなお気付きで

私、ミトマは
2016年は早々と納めさせていただきます。
交代もできそうになくて年持ち越し希望です。
ごめんなさい。

2017年もがんばります。

えっと、11月のトリオンプ秋の音楽祭にて
おねだりいたしました、にわとりさん。
縁起物の干支の置物としても活躍できるし、
みんなで飼いたくて、おねだりしました。
大変元気に過ごしています。
うさ探偵さま、ありがとうございます。
IMG_20161219_181850.jpg

トリオンプ文化祭では
展示もエントリーしちゃいました。
展示はこんな感じ
IMG_20161211_125310~2.jpg






そして前回のブログ記事

12/8 いいかげん壱岐のプレゼン


いいかげん とは、
そろそろという
意味のほうの、
いいかげん です。

テキトーとかガサツな、
いいかげん にならぬよう、
がんばります。

壱岐旅のモデルプランを時刻表にもとに考えてみましたが
20時 羽田空港発で福岡空港着で
0時代のフェリーで2時過ぎに壱岐入りするプラン!
そして朝7時に音楽で目覚めて、
9時からの朝ごはんの時間まで
レンタカー等で勝本朝市へ、、、

しかし、睡眠5時間
強行突破的で怒涛すぎますよね。

(はい・いいえ・どちらでもない) ←アンケートのつもり
 お答えはコメントにお願いします☆


やっぱりゆっくり壱岐入りで、午後の最終ジェットフォイルや
東京からだと飛行機を大村で乗り継ぎという方法も
多く利用されているようです。
ゆっくり壱岐入りして、お夕飯食べて観光は翌日で
お神楽見物を夜できたらいいなってプランがいいかな。
と、旅行モデルプランも提案するプレゼンも考えています。



posted by トリオンプ文化祭 at 23:37| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

高坂夏海です。

皆様ごきげんよう。トリオンプを拠点にライブ活動をしております歌作り人・高坂夏海(こうざかなつみ)と申します。

今回も文化祭にてライブをさせていただくこととなりました。
なんと1日目のトリ!酉年だけに気合が入ります・・・!(あ)

初日とはいえ1日の終わりのライブですので、今回は皆様に「高坂夏海ソロライブの各成分」をぎゅっと60分に凝縮してお届けしたいと思っております。
そのためサポートしてくださる方も、ある意味高坂的にはオールスター戦w

IMG_5264.PNG
(画像は1月18日追加)

キーボードはヘリオトロープの相方でもあります須賀'こばると'博司さん。
ギターは元Artrandomのギタリストさんで、高坂がライブを始めた頃からお世話になっておりますサルバトーレ磯山さん。
パーカッションはLifeBirdの相方でもあります入間ジロウさん。
コーラスは縁音の相方でもあります松本恵さん。

・・・そう、普段私がユニットやら曲作りやらでお世話になっている皆様が勢揃い!なのです。
この60分で、高坂の携わるライブがどんな感じかだいたいわかる、そんな楽しく濃厚な時間となるよう、我々も鋭意準備中です。どうかお楽しみに!
posted by トリオンプ文化祭 at 12:11| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

第一話題で近況報告から{GS伝説(伴奏音源でのソロボーカルライブ) と ベルばら朗読劇;トークショー}

★みなさん、こんばんは。

■前日書き込み担当のさゆりさんから、「麗し」などというもったいなさ過ぎる紹介を書いてもらったのに、実は大幅に遅刻書き込みです。毎回文化祭ブログ担当日が発表されると、「あらかじめ書いておこう」、日にちが近くなると「ヤバい、書かなきゃ」、当日になると「落ち着いて書けない忙しい」、結局過ぎちゃって「書かなきゃ(汗)」→ と、なるばかりでございます。ちょっとさゆりさんに「ゴメンなさ〜い」な感じです。それだしやっぱ店鳥にもってことでお詫び〜にて。

※つまりこの投稿は12/25になってしまったのに日時指定で遅れゴマかして担当日投稿したように見せております(詫)。

■すでに自分以降の何人かの書き込みも入っていて、今回も充実した面白そうなトリオンプ文化祭になりそうですね。では自分の出番について…‥。

(1) 私の土曜日の出番は、ベルばら朗読劇;トークショーなのですが、こちらは今までと同じく前半のストーリーから、取り上げなくては進めない重要な脇筋キャラのエピソードでお届けします。このキャラのことと今回は無理で次回以降になる歴史的事件もあるし、我がことながら大変な企画を進めているもんです。何しろなかなか後半に入れませんが、大河ドラマに配置された脇筋を良いポイントで取り上げて、知らない人にはより興味深く、知ってる人には再評価の楽しさが生まれますよう、とアイデアを絞っております。

(2) そして日曜日の出番は、(こっちが本職なんですが) 毎度お馴染みにお付き合いいただいているGS伝説の、タイガース特集第3回め、後期タイガースのニューロック系の曲を特集します。第1回特集でやったヒット曲のメルヘン少女マンガ風の曲のイメージが強いグループサウンズだと思いますが、今回は当時のアートロック、カウンターカルチャー、ジャズロックやプログレ的な影響も感じられる、曲をご紹介します。GSの時代を知っているファンの場合、どうしてもヒット曲に関心が行くのですが、まだアルバムでまとまった作品群を発表する状況が熟さなかった当時、トップ人気グループのザ・タイガースがアルバムやシングルで発表したロック系の曲。前回の後期しっとり系ラブソングと比べてもらっても興味深いかと。なんとメッセージソングを多くやっているのです! 文化祭でGSを知らないでコンタクトする方々と、むしろヒット曲のみでないところに注目しながら発見して行くのが、今自分はワクワクしております。日曜日の遅い時間帯ですが、GSは明るい時間より夜が良いかと店鳥に相談して夜にしてもらいました。是非是非残って聴いてくださいね〜。

■最後に個人的近況ですが、10月1週めから一ヶ月こじらせた風邪で、どうにもならないので11月半ばに通院すると「マイコプラズマ肺炎」との診断で26日間入院しました。現在は退院後の通院中で抗生物質薬の飲用も終わっておそらく一〜二回の通院で医師から通院完了が出るのではないか、という段階です。文化祭へ向けて調整を開始していまして、皆様に聴いていただけるように仕上げたい、と思っております。ではでは〜。

posted by トリオンプ文化祭 at 02:09| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

ゆるっとまったりお付き合いくださいませ。

こんにちは、紗さんから更新を引き継ぎました。
ピアノ弾きのさゆりと申します。

シンガーソングライター新居昭乃さんの楽曲を中心に、
楽譜を制作したり、ピアノを弾いたりしております。

今回は、新居昭乃さんの4年ぶりの新譜「リトルピアノ・プラス」から数曲と、
昭乃さん以外のアーティストのカバーもしたいなと思っております。

好きで続けてきただけの、おままごとみたいなピアノと歌ですが、
それでもトリオンプ文化祭や音楽祭をきっかけにご縁ができて、
ピアノサポートやゲストボーカルをさせていただく機会もいただきました。

みなさまへのご恩返しの気持ちも込めて、今回も精一杯演奏いたしますので、
どうかあたたかい目で見守っていただけますとうれしいです。

出演は、1日目の1/21(土)16:20〜16:50の30分です。
おいしいお料理を召し上がりつつ、ゆるっとまったりおくつろぎください。

次の更新のご担当者さまは、麗しき小林未来さまです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

さゆり
Twitter:https://twitter.com/sayuringo0530
楽譜:https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=12834
動画:https://www.youtube.com/user/sayuringo0530
posted by トリオンプ文化祭 at 23:08| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

初めまして。【usuginu.】

皆様こんばんは。
白い息が目立つ今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
改めましてトリオンプでは、はじめまして。
サークルusuginu.の葉月 紗(はづきたえ)と申します。

この度、2017年トリオンプ文化祭ライブ部門の方で
fernwehというユニットで出演させて頂くことになり、
(出番は22日16:15-17:00です!)
それならばぜひブースも…!と思いましてエントリーさせて頂きました。

usuginu.では、年に一度企画を発表することが恒例行事となっています。
今回のトリオンプでは夏の企画「Nihilidea」で発表いたしました、
色彩の庭シリーズの新作をメインにグッズなどを販売させていただきます。

色彩の庭.jpg

色彩の庭は“手にとって鑑賞できる情景の物語”
をテーマに、原画を閉じ込めた作品です。
小さな庭園で見つけた、妖精達。
彼女たちは美しい羽を持ち、一時の休息のためこの瓶の中へ。
それぞれの背中にはその姿を語る物語の一文が書かれています。
透明水彩の鮮やかな色合いの
にじみに染まったあなたのお気に入りの妖精をお持ち帰りください。

Nihilidea.png

また、初のイラスト集となります“Nihilidea”も持っていきます。
ぜひお手にとってご覧ください。

そのほかに、2015年の企画「東京テレポート」、スマホケース、ポストカードなど
一式をもっていきますのでよろしければぜひお立ち寄りください。

文化祭当日まで一か月少しとなりました。
ドキドキ、ワクワクしながら皆様にお会い出来ますことを楽しみにしております。
次の担当はさゆりさんです。どうぞよろしくお願いいたします。

葉月 紗
HP:http://vento-aether.tumblr.com/
Twitter:https://twitter.com/t_limn
Mail:tae.hazuki.0331@gmail.com
続きを読む
posted by トリオンプ文化祭 at 22:48| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

トリオンプ使用人合唱団の新メンバーです

日が暮れて夜になるのが早くなり
お日様が短くて寂しいなーと思う季節になりました

トリオンプ文化祭のBlogをご覧の皆様はじめまして
トリオンプ使用人合唱団の新メンバー鈴木夏未です

歌唱力には自信がありませんが
歌うことが好きなので加入させて頂きました

以前アイドルソングを歌うライブステージ兼
メイド姿にもなりドリンクを運んでいたので

文化祭で合唱をする際
久し振りにメイド服を着れることも楽しみです

宜しくお願い致します

鈴木夏未
http://ameblo.jp/natyumisuzuki/

natyumi_600_1.jpg
posted by トリオンプ文化祭 at 23:00| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使用人合唱団冬の陣

メイド服、執事服で歌い踊る、トリオンプ名物“使用人合唱団”です。
今回はコーラスに力を入れた曲を披露いたします。
なんと今回も新しいメンバーが仲間入りしました。
どの様になるのか、ご期待ください。

トリオンプ使用人合唱団では男女問わずメンバーを募集しています。
女性用メイド服Mサイズの貸し出しも可能です。
気になる方はトリオンプSNS鳥の巣をご覧ください。
posted by トリオンプ文化祭 at 00:13| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

でんも〜す!習字部です。

(↑先日教えてもらった挨拶ですv)
自由すぎる習字部も3年目です。
どれくらい自由かと言えば…
jojo.jpg
このくらい!です?(汗)

なんと習字部は絵も描いていいんですよ。
お気軽に遊びに来て下さいね。
(来年1月に、習字部したいな〜。)←希望。

===
習字部業務連絡。
皆さんが書かれた書をお店で預かってもらっています。
お店にいらっしゃる方、文化祭に来られる方、お渡しできますので、お声をかけて下さいね。
posted by トリオンプ文化祭 at 22:04| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いいかげん壱岐のプレゼン

どぅも、ミトcこと三苫 直美です。
今日のラッキーアイテムはホットココア(蟹座)です。
IMG_20161208_204908.jpg
さぁて今回は早くもブログお当番が来ました☆

今回は私の生まれた島、長崎県の壱岐の島について
プレゼンを考えていて、今はボヤッとしか
内容ができていません。

というのも12月にライブふたつ予定していまして、、、
いや、言い訳じみてくるから、ここで告知もしつつ、
良い機会なので内容も考えることしよう。

まず壱岐のプレゼンをしようと思った、きっかけは
・壱岐の島を旅行した方々が撮った写真のスライドショーをみて
・トリオンプの更衣室で壱岐の民芸品っぽいのを見つけて
1481211073810-1761870212.jpg1481211115758-1663734349.jpg 1481211252758-353052524.jpg 14812113152411048293526.jpg
です!
という単純な動機、
そう言えば元 壱岐キャンペーンレディさせて戴いておいて
まだ壱岐の説明、あまりしてなかったので壱岐のプレゼンを
今回のテーマにしました。

東京に住むようになってから福岡の実家には帰省してますが、
壱岐には行ってないから信憑性にかけるかもですが、
東京でのアイランダーのイベントや
物産展で資料を集めて、SNSつまりWebなどでタイムリーな
情報を仕入れつつ、作っている感じです。
プレ版は作ってみたので一応あります。
そのプレ版を使用するかは未定です。
しかし、きっと今度のプレゼンも今の自分、この場所でしかできない内容になるんだろうな、とか本当、早速ブログも当たり前な文章になってきています。
妄想や憧れをたくさん盛り込んだ内容にしかなりそうにないということを言っておきます。妄想、憧れ、、ちょっと美化しすぎかな。

そして結局のところ、旅行資料についてのプレゼンになって壱岐の資料ベタ誉めっていう内容にもなりかねないです。

良い時期に良い機会をいただきまして、
お知らせいたします。

12月 ライブのお知らせ
2016/12/25(日)milkcrownLIVE!1箱目! 高円寺スタジオK
13:15OPEN 13:30START
予約3000円・当日3500円・女性2000円
出演者:姫崎クミ・ストロベりんご、三苫直美、他

2016/12/30 下北沢ピカイチ ライブ 19:30〜
チャージ1000縁(ドリンク別途 フードお持ちこみ可)




posted by トリオンプ文化祭 at 21:37| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

本当は萌える「薔薇の名前」

ごきげんよう!
文化祭ステージ部門1番手の店鳥とりいまりこです。
さて今回は初挑戦のトーク60分勝負、内容はなんと文学講義!
といっても全然堅苦しいものじゃありませんよ。

題材は今年逝去されたイタリアの哲学者ウンベルト・エーコの小説「薔薇の名前」。
1980年に発表、日本でも1990年に翻訳版が出て、世界的にベストセラーとなった本です。
映画化もされています。
詳しくはWikipediaでどうぞ。

この本、文学としてまともに読んでももちろんすごいし語りどころ満載なんだけど
そういうのは世界中でちゃんとしたところで語られまくってるし難しいから全部すっ飛ばします。
最低限必要な設定情報はレジュメで配ります。
あと、どうしても語りたい文学的なことはコラムにして配るからよかったら読んでね。

そんなことよりこれね、探偵小説として読むとストーリーがすごく面白いんですよ。
どんな話かというと、

『ウホッ!男だらけの修道院で連続殺人!痴情のもつれ?!スケキヨ?!
天才的頭脳の変人英国紳士と美少年弟子が事件の謎を㊙潜入捜査!』


ですね。うん、全然間違ってない。なお舞台は14世紀イタリアです。
で、この主人公のアドソ少年がね、超かわいいの!!なんでpi●ivで見つからないのかな〜不思議だな〜。
そんで探偵役の相棒ウィリアム、初老の英国紳士なんだけど、天才で変わり者。
そのキャラがどう見ても某人気テレビドラマシリーズのあの警部殿にしか見えない。
もっとも作者がシャーロキアンなのでキャラが被るのは当然なんだけどね。
読みながら思わず「うきょうさ〜〜〜〜ん!!」って叫びそうになっちゃうから。
この二人が陸の孤島の修道院で次々起こる殺人事件を捜査するうちに
修道僧同士の痴情のもつれとか知ってはいけないあれやこれやが明らかに。
思いがけずアドソ君も大人になっちゃう、あ、そんなネタバレしちゃいやーん!
あと、ガラス職人僧のニコーラがおいしいの。講義が終わった後みんな二コーラのこと好きになっちゃうと思うよ。なぜなら店鳥がめちゃくちゃ贔屓しているからね。二コーラは天使。

こんなに萌える物語があるのに誰とも分かち合えなくてつらい
だからといって「ちょっと読んでみてよー」と言うには無理のある本なので
今回こうしてトークでお伝えするという方法を選んだわけですが、
どうです、聞いてみたくなりましたか?
もはや文学講義というよりも、
活字だけでここまで鼻息荒くして興奮できてしまう腐女子の残念な生態をお目に掛けるトークライブだと思ってくだされば。
よかったら珍しい生き物を見るような気持ちで見に来てください。
posted by トリオンプ文化祭 at 17:15| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

パンフ販売開始しました!

ごきげんよう。
おかげさまで無事に2017年第8回トリオンプ文化祭の入場パンフが完成しました!
販売、ご予約受付開始しております。
ご購入は通常営業時にお店に直接いらしてください。
ご予約はinfo(@)sweettrip.biz←かっこははずしてください
にお名前と部数をお知らせください。

パンフできました.jpg

こちらのパンフが二日間入場フリーチケットの代わりになります。
前売・予約は1000円、当日1200円です。
お早めに手に入れて当日までのワクワクを楽しんでくださいね。
posted by トリオンプ文化祭 at 16:34| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする