2019年01月16日

日曜日もお昼から来てね〜

ごきげんよう。
二日目の27日日曜日のトップバッター、店鳥こととりいまりこです。
12:10からのステージなので、飲食カウンターで何かご注文してお昼ご飯がてらご覧になるとちょうどいいと思います。
食べながら聞いても全然大丈夫な内容です。以前の文学講義の時とは違ってゆるゆるなのでご安心を。

今回は音楽講義?というかトークです。
「エレクトーン」に代表される電子オルガン、その隆盛はまさにバブルとともにありました。
かつてメーカー各社が様々な電子オルガンを販売していましたが、
「テクニトーン」「ビクトロン」「ドリマトーン」
どれか知っているものはありますか?
私は「ビクトロン」を11年習いました。でももう弾けません。その理由もトークで。

実は以前ちょっと電子オルガンについて気になることがあり、
参考になりそうな書籍を探したのですが、教則本以外見つけられなかったのですね。
それで仕方ないから自力で考えまして、ついでに皆様にもお話しておこうと思った次第。
参考資料がないということは、つまりこれレアな話ってことよ。

お話する内容は演奏法や音楽技術ではなく、楽器メーカーとか音楽ビジネスといった話です。
あくまでも私的体験を基にした超個人的ミクロな視点からのとらえ方です。

飲食カウンターには楽しい「痛カクテル」やちょっとしたお食事やおやつがあります。
こっちもマイペースで話すので、皆様も30分ほどマイペースにおつきあいください。



posted by トリオンプ文化祭 at 14:50| Comment(0) | 第10回文化祭(2019年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする