2019年01月19日

☆☆♪ 2019トリオンプ文化祭 1/27(日) GS☆伝説「ザ スパイダース特集」未来☆ 記事4 ♪☆☆

★開催前のブログ、最後の記事4にて。(日付操作遅れ投稿にて) 私 未来☆ ( = “みき” です )の担当ステージと、カフェ トリオンプ文化祭の簡単な紹介も下記に。記事2も参照ください。


− 1/27 (日) ROCK & POPSライブ GS☆伝説「ザ スパイダース特集」への誘い 2−-

■60年代末〜70年代初頭の洋楽ROCK & POPSをメデて、ボーカルカバーライブを試みております。同じく同時代の国内発GSを興味深く聴いてカバーしてます。日本黎明期のエレキバンド達のチャレンジを改めて伝えることを、洋楽と共にカバー活動して行きたいです。( なお良い曲はフォークでもジャズでもボサでも一般的歌謡曲でも、壁は作りません ) ここ、カフェ トリオンプでは伴奏音源を使ってのライブです。

■さて、GSと呼ぶのが固まるのは68年末頃のようです。要は日本の初期ロックバンドです。ハードロックまでROCKがパワーアップする寸前の変化の激しい時代です。そのGS、今までタイガース、テンプターズ、を多く特集してきましたが(その他のGS組み合わせセットのライブもしながら)前回文化祭はオックスを初特集し、次の春のトリオンプ音楽祭ではGS曲の洋楽志向と国内ファン向けの両面を対比するテーマでセット曲を組み聴いてもらってきました。

■今回は満を持して、日本ROCKバンドの始祖、ザ スパイダース を初めて特集します。プレスリーによる新興ジャンルROCKのブレイクの後、ベンチャーズ、ビートルズによってエレキギターサウンドを縦横に展開するバンドユニットの時代を迎え、これに素早く反応し初期国産ROCK創造をチャレンジしたスパイダースがいました。彼らの初期からGSブーム頂点の頃の中期までをヒットシングル曲を中心にセットしました。その曲目はバンドオリジナルのかまやつひろし曲と外部プロ作家の曲があり、GS達を悩ませた旧来の音楽界で活動するGSの姿が再認識できるのです。

■しかし、やはりかまやつ曲でスパイダースが成立する面は明確で、そこを、或いは両面を楽しんでもらいたくと思います。今回は強力ゲストの スパイダース超リスペクトボーカリスト ハチャアキ にGS SESSIONのつながりから、そしてオックス特集でコーラス参加している 椏湾龍 も加わって、構造構成のしっかりしたスパイダース曲の準備を励みました。どこまで到達できるか、どうぞ観て聞いて頂きますこと、よろしくお願いしますー。そしてGSと言えば、スパイダースと言えばのあの曲で、会場みんなで唄うファイナルを!
スパイダース;ミリタリー衣装;いつどこ2.jpg















−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−-
■( 文化祭とは? ) トリオンプ文化祭は秋葉原の可愛いお店、カフェ トリオンプのイベント。そこで常連さんのアイディアから企画実行され、現在では店と、カフェお馴染みさんの協力で作られるイベントになっています。色んな方が発表、表現をするので、まず文化祭ブログを色々読み、気に入ったら是非足をお運びを! 公開イベントです。カフェ トリオンプについて詳しくは、下記URLから オフィシャルサイト をご覧ください。

▼2019 トリオンプ文化祭 未来☆担当ステージ

1月26日 (土)
※ 15:40〜16:00 トーク:ベルばら研究会 ( オスカルと決意 ; 会場意見交流)

1月27日 (日)
※ 15:00〜15:40  音楽:GS伝説 ( ザ スパイダース特集 )

▼トリオンプ文化祭 ブログTOP http://triomphe.seesaa.net
 記事 - 1 ベルばら http://triomphe.seesaa.net/article/463756345.html
 記事 - 2 GS伝説  http://triomphe.seesaa.net/article/463756406.html?1548025675
 記事 - 3 ベルばら http://triomphe.seesaa.net/article/463760990.html
 記事 - 4 GS伝説 ( 今回の記事 )

[ ↓ 開催2日間の全タイムテーブル ]
http://triomphe.seesaa.net/article/461954583.html

会場 ; カフェ トリオンプ ( 秋葉原 )
https://sweettrip.biz/index.html オフィシャルサイトTop Page
https://sweettrip.biz/access.htm 店舗情報・地図
posted by トリオンプ文化祭 at 13:45| Comment(0) | 第10回文化祭(2019年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする