2013年04月12日

最近してないけど、曲作りのこと

トリオンプ店鳥であり、音楽祭実行委員鳥のとりいまりこです。更新当番遅れてすみません。
前回書いたとおり、当日は自作曲を歌います。
なので、今日は今まであまり語ってこなかった曲作りの話でも。

自分は「さあ作曲するぞー」と楽器に向かって曲を作ることはありません。
基本的に降りてくるの待ちです。
曲ははいろんな場所で降りてきます。
降りてきても、すぐにメモを取りません。
記録しないと忘れてしまうならその程度だとあきらめることにしています。印象に残るメロディなら必ず思い出せるはずですし。
曲は歌詞付きのフレーズで降りてくることが多いです。ただし、ついてくる歌詞はかなり意味不明です。
歌詞付きじゃなかった場合は、後で思い出しやすいように適当に歌詞をつけておくことがあります。
シュールな歌詞や何が言いたいんだかさっぱりわからない歌詞が多いのはそのためです。
しかも歌詞には絶対に自分の事を書きません。歌詞には人称がないことが多く、ヘタすると人間が登場しません。
でも面白いことに、他人には意味のわからない歌詞でも、自分で時間が経ってから見るとそれなりに解釈があって、
「ああ、あの頃はこうだったなぁ」とちょっとした日記になっているのです。

こんな風にマイペースに、万人受けしないような曲を作り続けて…、あ、年数を数えるのはやめましょう。
すみれコードならぬ鳥コードに引っかかりますからね。
作っているのがどんな曲なのかは、音楽祭当日に聴きに来てくださいね。

それにしても、アレンジうまくなりたいなあ。切実に。
posted by トリオンプ文化祭 at 22:16| Comment(0) | 2013年春の音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。