2013年04月18日

小林未来ボーカルライブat音楽祭→GS特集です。 PART 2

★またまた更新予定を遅刻しました。失礼しております。

■火曜日は満を持して参加した、ある劇団の半年期間のワークショップの日でした。実はそれ、三月から始まっているのですが、まだ途中参加できるこの四月からの参加で、更新担当の火曜日は参加二回めでして当日までの課題があり、いっぱいいっぱいになってWSを終え、終了後の深夜は更新をすっかり忘れておりました。その後手をつけられずやっと更新でございます。LifeBirdさんや、ぱぴこさんが順番待ちをしてらっしゃるようで申し訳ありません。渋滞起こしております。

■GS・SESSIONでの「あの時君は若かった(ザ・スパイダース)」→[もとスパイダース加藤充さん(→ウィキペディア参照)のベース参加]で歌ってるYOUTUBE動画も少しづつカウントが増えてきていてありがとうございます。(YOUTUBEトップから 小林未来 あの時 で検索Hit)

■前日も昼過ぎからGS・SESSIONがあるので、音楽祭で歌う曲をテストしてこようか、と思っています。曲構成は、ここへきてもう一度検討していたり、なんか今回はいつのまにか雪崩のように音楽祭当日が迫ってきているって感じです。衣装もオープニングの洋楽曲もまだ決定しきれてませんが、その分ホットな本番にしたいと思います。

■では皆様、おたくカルチャーとメイドさんの町「秋葉原」からのGSサウンドの発信の試みをよろしく、純愛とロマン、絵本的キーワード(月とか湖とか)にあふれたGS、1960年代中盤〜後半の日本の初期ロック、ポップスのグループサウンズの世界を聞いてみてくださいね。→GSに関しては私の2012文化祭ブログでの記事をご参照下さい。
posted by トリオンプ文化祭 at 12:15| Comment(0) | 2013年春の音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。