2016年12月12日

初めまして。【usuginu.】

皆様こんばんは。
白い息が目立つ今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
改めましてトリオンプでは、はじめまして。
サークルusuginu.の葉月 紗(はづきたえ)と申します。

この度、2017年トリオンプ文化祭ライブ部門の方で
fernwehというユニットで出演させて頂くことになり、
(出番は22日16:15-17:00です!)
それならばぜひブースも…!と思いましてエントリーさせて頂きました。

usuginu.では、年に一度企画を発表することが恒例行事となっています。
今回のトリオンプでは夏の企画「Nihilidea」で発表いたしました、
色彩の庭シリーズの新作をメインにグッズなどを販売させていただきます。

色彩の庭.jpg

色彩の庭は“手にとって鑑賞できる情景の物語”
をテーマに、原画を閉じ込めた作品です。
小さな庭園で見つけた、妖精達。
彼女たちは美しい羽を持ち、一時の休息のためこの瓶の中へ。
それぞれの背中にはその姿を語る物語の一文が書かれています。
透明水彩の鮮やかな色合いの
にじみに染まったあなたのお気に入りの妖精をお持ち帰りください。

Nihilidea.png

また、初のイラスト集となります“Nihilidea”も持っていきます。
ぜひお手にとってご覧ください。

そのほかに、2015年の企画「東京テレポート」、スマホケース、ポストカードなど
一式をもっていきますのでよろしければぜひお立ち寄りください。

文化祭当日まで一か月少しとなりました。
ドキドキ、ワクワクしながら皆様にお会い出来ますことを楽しみにしております。
次の担当はさゆりさんです。どうぞよろしくお願いいたします。

葉月 紗
HP:http://vento-aether.tumblr.com/
Twitter:https://twitter.com/t_limn
Mail:tae.hazuki.0331@gmail.com
続きを読む
posted by トリオンプ文化祭 at 22:48| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

トリオンプ使用人合唱団の新メンバーです

日が暮れて夜になるのが早くなり
お日様が短くて寂しいなーと思う季節になりました

トリオンプ文化祭のBlogをご覧の皆様はじめまして
トリオンプ使用人合唱団の新メンバー鈴木夏未です

歌唱力には自信がありませんが
歌うことが好きなので加入させて頂きました

以前アイドルソングを歌うライブステージ兼
メイド姿にもなりドリンクを運んでいたので

文化祭で合唱をする際
久し振りにメイド服を着れることも楽しみです

宜しくお願い致します

鈴木夏未
http://ameblo.jp/natyumisuzuki/

natyumi_600_1.jpg
posted by トリオンプ文化祭 at 23:00| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使用人合唱団冬の陣

メイド服、執事服で歌い踊る、トリオンプ名物“使用人合唱団”です。
今回はコーラスに力を入れた曲を披露いたします。
なんと今回も新しいメンバーが仲間入りしました。
どの様になるのか、ご期待ください。

トリオンプ使用人合唱団では男女問わずメンバーを募集しています。
女性用メイド服Mサイズの貸し出しも可能です。
気になる方はトリオンプSNS鳥の巣をご覧ください。
posted by トリオンプ文化祭 at 00:13| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

でんも〜す!習字部です。

(↑先日教えてもらった挨拶ですv)
自由すぎる習字部も3年目です。
どれくらい自由かと言えば…
jojo.jpg
このくらい!です?(汗)

なんと習字部は絵も描いていいんですよ。
お気軽に遊びに来て下さいね。
(来年1月に、習字部したいな〜。)←希望。

===
習字部業務連絡。
皆さんが書かれた書をお店で預かってもらっています。
お店にいらっしゃる方、文化祭に来られる方、お渡しできますので、お声をかけて下さいね。
posted by トリオンプ文化祭 at 22:04| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いいかげん壱岐のプレゼン

どぅも、ミトcこと三苫 直美です。
今日のラッキーアイテムはホットココア(蟹座)です。
IMG_20161208_204908.jpg
さぁて今回は早くもブログお当番が来ました☆

今回は私の生まれた島、長崎県の壱岐の島について
プレゼンを考えていて、今はボヤッとしか
内容ができていません。

というのも12月にライブふたつ予定していまして、、、
いや、言い訳じみてくるから、ここで告知もしつつ、
良い機会なので内容も考えることしよう。

まず壱岐のプレゼンをしようと思った、きっかけは
・壱岐の島を旅行した方々が撮った写真のスライドショーをみて
・トリオンプの更衣室で壱岐の民芸品っぽいのを見つけて
1481211073810-1761870212.jpg1481211115758-1663734349.jpg 1481211252758-353052524.jpg 14812113152411048293526.jpg
です!
という単純な動機、
そう言えば元 壱岐キャンペーンレディさせて戴いておいて
まだ壱岐の説明、あまりしてなかったので壱岐のプレゼンを
今回のテーマにしました。

東京に住むようになってから福岡の実家には帰省してますが、
壱岐には行ってないから信憑性にかけるかもですが、
東京でのアイランダーのイベントや
物産展で資料を集めて、SNSつまりWebなどでタイムリーな
情報を仕入れつつ、作っている感じです。
プレ版は作ってみたので一応あります。
そのプレ版を使用するかは未定です。
しかし、きっと今度のプレゼンも今の自分、この場所でしかできない内容になるんだろうな、とか本当、早速ブログも当たり前な文章になってきています。
妄想や憧れをたくさん盛り込んだ内容にしかなりそうにないということを言っておきます。妄想、憧れ、、ちょっと美化しすぎかな。

そして結局のところ、旅行資料についてのプレゼンになって壱岐の資料ベタ誉めっていう内容にもなりかねないです。

良い時期に良い機会をいただきまして、
お知らせいたします。

12月 ライブのお知らせ
2016/12/25(日)milkcrownLIVE!1箱目! 高円寺スタジオK
13:15OPEN 13:30START
予約3000円・当日3500円・女性2000円
出演者:姫崎クミ・ストロベりんご、三苫直美、他

2016/12/30 下北沢ピカイチ ライブ 19:30〜
チャージ1000縁(ドリンク別途 フードお持ちこみ可)




posted by トリオンプ文化祭 at 21:37| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

本当は萌える「薔薇の名前」

ごきげんよう!
文化祭ステージ部門1番手の店鳥とりいまりこです。
さて今回は初挑戦のトーク60分勝負、内容はなんと文学講義!
といっても全然堅苦しいものじゃありませんよ。

題材は今年逝去されたイタリアの哲学者ウンベルト・エーコの小説「薔薇の名前」。
1980年に発表、日本でも1990年に翻訳版が出て、世界的にベストセラーとなった本です。
映画化もされています。
詳しくはWikipediaでどうぞ。

この本、文学としてまともに読んでももちろんすごいし語りどころ満載なんだけど
そういうのは世界中でちゃんとしたところで語られまくってるし難しいから全部すっ飛ばします。
最低限必要な設定情報はレジュメで配ります。
あと、どうしても語りたい文学的なことはコラムにして配るからよかったら読んでね。

そんなことよりこれね、探偵小説として読むとストーリーがすごく面白いんですよ。
どんな話かというと、

『ウホッ!男だらけの修道院で連続殺人!痴情のもつれ?!スケキヨ?!
天才的頭脳の変人英国紳士と美少年弟子が事件の謎を㊙潜入捜査!』


ですね。うん、全然間違ってない。なお舞台は14世紀イタリアです。
で、この主人公のアドソ少年がね、超かわいいの!!なんでpi●ivで見つからないのかな〜不思議だな〜。
そんで探偵役の相棒ウィリアム、初老の英国紳士なんだけど、天才で変わり者。
そのキャラがどう見ても某人気テレビドラマシリーズのあの警部殿にしか見えない。
もっとも作者がシャーロキアンなのでキャラが被るのは当然なんだけどね。
読みながら思わず「うきょうさ〜〜〜〜ん!!」って叫びそうになっちゃうから。
この二人が陸の孤島の修道院で次々起こる殺人事件を捜査するうちに
修道僧同士の痴情のもつれとか知ってはいけないあれやこれやが明らかに。
思いがけずアドソ君も大人になっちゃう、あ、そんなネタバレしちゃいやーん!
あと、ガラス職人僧のニコーラがおいしいの。講義が終わった後みんな二コーラのこと好きになっちゃうと思うよ。なぜなら店鳥がめちゃくちゃ贔屓しているからね。二コーラは天使。

こんなに萌える物語があるのに誰とも分かち合えなくてつらい
だからといって「ちょっと読んでみてよー」と言うには無理のある本なので
今回こうしてトークでお伝えするという方法を選んだわけですが、
どうです、聞いてみたくなりましたか?
もはや文学講義というよりも、
活字だけでここまで鼻息荒くして興奮できてしまう腐女子の残念な生態をお目に掛けるトークライブだと思ってくだされば。
よかったら珍しい生き物を見るような気持ちで見に来てください。
posted by トリオンプ文化祭 at 17:15| Comment(0) | 第8回トリオンプ文化祭(2017年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする