2020年01月19日

洗剤と部活の話

今回はオマケの洗剤と部活の話。


業務用洗剤。実は毎年、年末のトリオンプ大掃除でもいろんな場所に使用しているんですよ!

毎年かなーり、キレイになります♪

数量限定だけど事前確保はまだまだ 文化祭前日まで受付中!


当日は是非とも特設ブースへお越し下さい♪


昨日、Twitterの部活アカウントでデモンストレーション動画を公開しました!コーティングに興味ある方は見てみてくださいね!


ここから部活の話

部員と趣味が同じなのでプラモ部とTCG(トレーディングカードゲーム)部をやってます。


プラモ部はガンプラ他、プラモ持ってきて雑談するみたいな感じです。

休日の通常営業日、たまーに真ん中のテーブル席でガンプラ広げてるグループがいますがそれです。


最近はSDガンプラでとんとん相撲をしてます。

めっちゃ楽しいです♪


なかなか活動に参加できなくても私はプラモ部!って言ってくださる方もいらっしゃいますので「自称プラモ部」でも何でも構いません。

カウンター席から見える棚の上に飾ってあるバイクやガンプラなんかその方が作成したものだそうですよ。


TCG部は現在、遊戯王が盛んです。

それ以外のカードゲームもできる機会があれば。

最初はカードゲーム部でしたが、後から同じ名前で違う趣向の部ができたみたいなのでTCG部に改名。


2人〜でも全然OKなので初心者でもお声掛けいただければお勉強会みたいなの開催するのでルール他いろいろ覚えるチャンスですよ!


ちなみに、お店にもデッキ、ルールブック、デュエルフィールドのセットが常備してあるのでその気になればいつでも遊ぶ事ができるんですよ!よろしくです♪


遊戯王以外にもオリジナルルールを追加した人狼ゲームも作ってますが、まだテストプレイの段階ですのでやりたい方が集まれば人狼会なんかもやりたいと思ってます。

posted by トリオンプ文化祭 at 14:29| Comment(0) | ブース部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

船と港のCDが出ます!


初めましてのららです。

「トリオンプさんでCDを出そう!」という途方もない目標を立てた2019年の9月。
とうとう目前に迫ってまいりました。
なんという事でしょう、CDが無事に出来上がります。

内容は船と港をイメージしたピアノのソロアルバムとなります。
演奏は1月25日(土)15時より20分間ステージをお借りしておりますので、どうぞ聴いてやってください。

のららの世界へようこそ。

て、言ってみたいです。そんなアルバムです。
お手に取っていただけましたら幸いです。

posted by トリオンプ文化祭 at 10:00| Comment(0) | ブース部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

Merry Christmas evening!

プラモ部&TCG部の椏湾龍こと、ひろみちです!

古参の方にはフレディさんでも通じる?(懐かしい!)


今回の文化祭では特設ブースにて


「小物のフッ素コーティング」


をさせていただきます。両日ともいますのでいつでもできます。

なんでアンタが? と思いますでしょう。

実は以前、お掃除屋さんしてたんです。


〜そもそもフッ素コーティングってなんぞや?〜

「素材表面のデコボコをフッ素で埋めること。」

どうなるかというと

・ツヤ出し、サラサラ、汚れ予防:デコボコが埋まる事で光をまっすぐ反射するのでテカテカします。同様の理由で手触りもツルツルになります。汚れが引っかかる隙間がないので軽い汚れは付きづらいです。

・キズ隠し:小さいキズや浅いキズは気持ち埋まります。


お手入れはハンカチとかの乾いた布でこするだけ。簡単!


注意!

・液体を塗ってコーティングするので液体を吸ってしまう紙や布、木材。滲みたらいけないものにはコーティングできません。

・洗い流れるのでちょくちょく濡れる予定のものはより早く効果が失われます。また、ガラスは逆に傷がつくかもしれないのでそこら辺は自己責任で。


私はスマホの画面に使ってます。

1年くらいもちますね。(ガラスフィルムとガラスって何か違いありましたっけ?)

今度はガンプラとかにも使ってみようかな?


SNSでの宣伝の際にちょくちょく漂わせていた「オマケ」の正体に関してもここで明かします。

ズバリ、「業務用洗剤」でしょう!

コーティングを利用してくださった方に先着順でプレゼント致します。

業務用で尚且つ濃度が高い強力なやつです。

これについては次回の記事にて詳しく。


プレゼントできる本数は約500ml135本が目安なので確実に欲しい方のためにとりあえず洗剤予約でもやってみようかと。容量は約300ml5本だけ。

予約した方への当日の受け渡しは300mlの洗剤1本のみとさせていただきます。500mlの先着に間に合ってもお渡しは300mlのやつです。

このブログと同時にTwitterの部活アカウント(トリオンプTCG&プラモ部)で「洗剤」とだけ呟くので何かしらの欲しいという意思をリプってみてください。

先着順にDMします。

リプが多かったら当日分も増やせるように頑張ってみようかな?


そしてコーティングのお値段。

「1回1000円です。」

ここだけの話、業者時代のコーティング価格は01桁多かったんですよ。だから今回ホントに超大特価!

という事で、コーティングに強力洗剤(数量限定)付けて1000円です!

是非ともご利用ください!

当日、お待ちしてま〜す♪


また、カードとプラモの部活もやってみたい方大歓迎なのでよろしくお願いします(^o^)

posted by トリオンプ文化祭 at 18:00| Comment(0) | ブース部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

CDを作ってます!

初めまして、のららと申します。
海と船と港が好きで、海と船と港をイメージしたピアノソロCDを作ってます!

自分でも人生どうなるかわからないなと思っているのですが
この1年は音楽とピアノにどっぷりハマった年となりまして
その中で、トリオンプさんとの御縁に恵まれた事、大変嬉しく思っております。

「演奏して良いよ―」と言ってくれるから曲が出来て
「ブース使っていいよー」と言ってくれるからCDが出来て

創作者にとってこれだけ幸せな場所はあるでしょうか?
本当に店鳥さんには感謝でいっぱいです。
少しでも恩をお返し出来るように、素敵なCDを制作中です!!がんばる!!!
posted by トリオンプ文化祭 at 00:00| Comment(0) | ブース部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

船萌えの記・三度

76170256_p0.png
トリオンプ文化祭ブログをご覧の皆様、ごきげんよう。
この度、船舶擬人化イラストの展示と物販にて参加させていただく千紗みかんと申します。
私の自己紹介や、展示する作品の内容は以前の文化祭ブログ記事をご覧ください。

さて、本日は私の好きな船『スカンジナビア号』が日本に訪れた日なんですよ。せっかくなので、今回のブログ記事はこの船について語りたいと思います。
スカンジナビア号は元々『M/S Stella Polaris(ステラポラリス)』という名前のクルーズ客船で、1927年にスウェーデンのイェータ・ヴェルゲン造船所で進水しました。
クルーズ客船というのは【船旅を楽しむ目的】で作られた旅客船の一種で、移動手段としての客船とは異なります。
今日で言うと、飛鳥U・にっぽん丸ぱしふぃっくびいなすはクルーズ客船、横浜で保存されている氷川丸は貨客船と言って、同じ客船でも別の種類に当たります。

話をスカンジナビア号に戻して、その後なんやかんやあって1969年に客船業を引退し、日本の伊豆箱根鉄道に引き取られることとなりました。
そして今からちょうど50年前の1969年12月11日に日本を訪れ、スクリューを取り外した後に沼津・西浦木負にて、洋上のホテル・スカンジナビア号として第二の船生を歩む事になります。

さて、沼津と聞いてピンと来た方もいらっしゃるかと存じますが、この船は『ラブライブ!サンシャイン!!』にも多少関係があります。
本編にこそ登場しないものの、沼津まちあるきスタンプの絵柄に採用されたり、作中に登場するユニット『CYaRon!』の楽曲『P.S.の向こう側』はスカンジナビア号をモチーフにした楽曲ではないかとファンの間では囁かれております。
もしこの船が今も残っていたら、浦の星女学院が廃校になったあと、最後まで統廃合に反対したAqours率いる浦女の生徒たちがスカンジナビア号に立て篭もる…という学園艦的な展開もあったんだろうなぁと個人的な妄想が膨らみます。

この船は2006年に故郷のスウェーデンに戻る途中、沈没してしまったのです。

バブル崩壊後、経営状態が悪化したスカンジナビア号は、スウェーデンのペトロ・ファースト社に売りに出されることとなったのですが、曳航中に浸水〜沈没してしまい、現在は和歌山県の潮岬沖で深い眠りについております。
今でこそ氷川丸や帆船日本丸が重要文化財に認定され、保存船舶の歴史的価値が認知されつつありますが、奇しくもその年は氷川丸が入場者数の減少のため営業終了(現在は再開)した年でもあり、保存船舶にとっては冬の時代でした。
もしこの船が、あともう少し沼津にいてくれたら……。

個人的に、浦の星女学院の廃校騒動はスカンジナビア号の保存問題のメタファーじゃないかとずっと思ってて、本編で出てくれないかなーとずっと願ってたんですが、結局登場することはなく、代わりに某シャーマン漫画の続編でそっくりさんが登場して、盛大にお茶噴きました。

最後に、拙作の船舶擬人化同人小説『北極星と船霊達』の紹介をば。
艦これやアズールレーンなど、艦艇をモチーフにした擬人化作品は数あれど、先程紹介したスカンジナビア号のような商船、それも現代の商船をモチーフにした擬人化シリーズ小説は、アマチュアでも恐らくこれだけです。
船体を失い、行く宛のないスカンジナビア号の船霊・西浦ステラは、氷川丸の船霊・氷川八雲に招かれ、横浜で第二の船生を送ることになるが……?
第一話はPixivでまるまる公開しておりますので、ご興味を持たれた方はぜひご一読いただけますと幸いです。
文化祭当日は、こちらの小説本やグッズの物販や、使用したイラストの展示が行われますほか、ほかにもありそうな予感がするのでご期待ください。
posted by トリオンプ文化祭 at 23:58| Comment(0) | ブース部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする