2016年12月08日

いいかげん壱岐のプレゼン

どぅも、ミトcこと三苫 直美です。
今日のラッキーアイテムはホットココア(蟹座)です。
IMG_20161208_204908.jpg
さぁて今回は早くもブログお当番が来ました☆

今回は私の生まれた島、長崎県の壱岐の島について
プレゼンを考えていて、今はボヤッとしか
内容ができていません。

というのも12月にライブふたつ予定していまして、、、
いや、言い訳じみてくるから、ここで告知もしつつ、
良い機会なので内容も考えることしよう。

まず壱岐のプレゼンをしようと思った、きっかけは
・壱岐の島を旅行した方々が撮った写真のスライドショーをみて
・トリオンプの更衣室で壱岐の民芸品っぽいのを見つけて
1481211073810-1761870212.jpg1481211115758-1663734349.jpg 1481211252758-353052524.jpg 14812113152411048293526.jpg
です!
という単純な動機、
そう言えば元 壱岐キャンペーンレディさせて戴いておいて
まだ壱岐の説明、あまりしてなかったので壱岐のプレゼンを
今回のテーマにしました。

東京に住むようになってから福岡の実家には帰省してますが、
壱岐には行ってないから信憑性にかけるかもですが、
東京でのアイランダーのイベントや
物産展で資料を集めて、SNSつまりWebなどでタイムリーな
情報を仕入れつつ、作っている感じです。
プレ版は作ってみたので一応あります。
そのプレ版を使用するかは未定です。
しかし、きっと今度のプレゼンも今の自分、この場所でしかできない内容になるんだろうな、とか本当、早速ブログも当たり前な文章になってきています。
妄想や憧れをたくさん盛り込んだ内容にしかなりそうにないということを言っておきます。妄想、憧れ、、ちょっと美化しすぎかな。

そして結局のところ、旅行資料についてのプレゼンになって壱岐の資料ベタ誉めっていう内容にもなりかねないです。

良い時期に良い機会をいただきまして、
お知らせいたします。

12月 ライブのお知らせ
2016/12/25(日)milkcrownLIVE!1箱目! 高円寺スタジオK
13:15OPEN 13:30START
予約3000円・当日3500円・女性2000円
出演者:姫崎クミ・ストロベりんご、三苫直美、他

2016/12/30 下北沢ピカイチ ライブ 19:30〜
チャージ1000縁(ドリンク別途 フードお持ちこみ可)




posted by トリオンプ文化祭 at 21:37| Comment(0) | ステージ部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

本当は萌える「薔薇の名前」

ごきげんよう!
文化祭ステージ部門1番手の店鳥とりいまりこです。
さて今回は初挑戦のトーク60分勝負、内容はなんと文学講義!
といっても全然堅苦しいものじゃありませんよ。

題材は今年逝去されたイタリアの哲学者ウンベルト・エーコの小説「薔薇の名前」。
1980年に発表、日本でも1990年に翻訳版が出て、世界的にベストセラーとなった本です。
映画化もされています。
詳しくはWikipediaでどうぞ。

この本、文学としてまともに読んでももちろんすごいし語りどころ満載なんだけど
そういうのは世界中でちゃんとしたところで語られまくってるし難しいから全部すっ飛ばします。
最低限必要な設定情報はレジュメで配ります。
あと、どうしても語りたい文学的なことはコラムにして配るからよかったら読んでね。

そんなことよりこれね、探偵小説として読むとストーリーがすごく面白いんですよ。
どんな話かというと、

『ウホッ!男だらけの修道院で連続殺人!痴情のもつれ?!スケキヨ?!
天才的頭脳の変人英国紳士と美少年弟子が事件の謎を㊙潜入捜査!』


ですね。うん、全然間違ってない。なお舞台は14世紀イタリアです。
で、この主人公のアドソ少年がね、超かわいいの!!なんでpi●ivで見つからないのかな〜不思議だな〜。
そんで探偵役の相棒ウィリアム、初老の英国紳士なんだけど、天才で変わり者。
そのキャラがどう見ても某人気テレビドラマシリーズのあの警部殿にしか見えない。
もっとも作者がシャーロキアンなのでキャラが被るのは当然なんだけどね。
読みながら思わず「うきょうさ〜〜〜〜ん!!」って叫びそうになっちゃうから。
この二人が陸の孤島の修道院で次々起こる殺人事件を捜査するうちに
修道僧同士の痴情のもつれとか知ってはいけないあれやこれやが明らかに。
思いがけずアドソ君も大人になっちゃう、あ、そんなネタバレしちゃいやーん!
あと、ガラス職人僧のニコーラがおいしいの。講義が終わった後みんな二コーラのこと好きになっちゃうと思うよ。なぜなら店鳥がめちゃくちゃ贔屓しているからね。二コーラは天使。

こんなに萌える物語があるのに誰とも分かち合えなくてつらい
だからといって「ちょっと読んでみてよー」と言うには無理のある本なので
今回こうしてトークでお伝えするという方法を選んだわけですが、
どうです、聞いてみたくなりましたか?
もはや文学講義というよりも、
活字だけでここまで鼻息荒くして興奮できてしまう腐女子の残念な生態をお目に掛けるトークライブだと思ってくだされば。
よかったら珍しい生き物を見るような気持ちで見に来てください。
posted by トリオンプ文化祭 at 17:15| Comment(0) | ステージ部門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

パンフ販売開始しました!

ごきげんよう。
おかげさまで無事に2017年第8回トリオンプ文化祭の入場パンフが完成しました!
販売、ご予約受付開始しております。
ご購入は通常営業時にお店に直接いらしてください。
ご予約はinfo(@)sweettrip.biz←かっこははずしてください
にお名前と部数をお知らせください。

パンフできました.jpg

こちらのパンフが二日間入場フリーチケットの代わりになります。
前売・予約は1000円、当日1200円です。
お早めに手に入れて当日までのワクワクを楽しんでくださいね。
posted by トリオンプ文化祭 at 16:34| Comment(0) | 文化祭実行委員会よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

2017年トリオンプ文化祭 ステージ部門タイムテーブル(確定)

ごきげんよう。
2017年1月トリオンプ文化祭ステージ部門、お申し出により一部出演順の調整を行いました(変更箇所には米印をつけました)。
これで確定とさせていただきます。(仮バージョンは混乱を避けるため削除しました)。

1月21日(土)1日目
9:00〜11:30 リハーサル、会場準備(お手伝い歓迎です)
11:30〜 開場
12:00 開会のあいさつ
12:05〜13:05 とりいまりこ:文学講義
13:20〜13:50 ※三苫直美:プレゼン&歌謡ライブ  
14:05〜14:45 陸奥五郎:雑学演習
14:50〜15:40 飛び入りタイム@
15:45〜16:05 トリオンプ合唱部:合唱
16:20〜16:50 さゆり:ピアノ演奏
17:05〜17:30 小林未来:トーク&寸劇
17:35〜18:15 飛び入りタイムA
18:20〜18:50 支倉佑樹:手品
19:00〜20:00 高坂夏海:音楽ライブ

1月22日(日)2日目
12:00 2日目開会
12:05〜12:55 飛び入りタイム@
13:00〜13:20 うさ探偵:口笛&ウクレレ
13:35〜14:15 こばひっ:音楽講義
14:30〜15:15 流転の竪琴弾き:オートハープライブ
15:30〜16:00 AmiCat:口笛&ウクレレ
16:15〜17:00 ※fernweh:音楽ライブ
17:05〜17:40 飛び入りタイムA
17:45〜18:15 Camellia&Applause:朗読劇
18:30〜19:05 ※小林未来:音楽ライブ
19:15〜19:45 ミントブルー:音楽ライブ
19:50〜20:00 記念撮影・閉会
20:00〜    後片付け(お手伝い歓迎です)

調整により、土曜1回目の飛び入りタイムが長くなり、日曜2回目の飛び入りタイムが短くなりました。
いつも日曜2回目の飛び入りタイムが一番込み合いますが、
飛び入りは時間の長い早めの回を狙ってください。

こんな感じでどうぞよろしくお願いします♪

posted by トリオンプ文化祭 at 18:22| Comment(0) | 文化祭実行委員会よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブース部門・展示部門・飲食部門出展リスト

ごきげんよう。
ステージ、ブース、展示、各部門のエントリー受付終了しました。
各部門の出展リストです。

【ブース部門】
usuginu:創作グッズ
小倉・静屋:創作グッズ
文化祭実行委員会:チャリティバザー(日本赤十字社へ)

【展示部門】
習字部:毛筆作品
おっちー:タペストリー
三苫直美:絵

【飲食部門】
わか's Bar:痛カクテル

ステージ部門の出展リストはタイムテーブルをご覧ください。
よろしくお願いします。
posted by トリオンプ文化祭 at 15:04| Comment(0) | 文化祭実行委員会よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

第8回文化祭エントリー二次募集のお知らせ

ごきげんよう。
今回も文化祭エントリーありがとうございます。
おかげさまでステージ部門はたくさんの出演者が集まってくださいましたので、
エントリー締め切らせていただきました。
一次エントリーに間に合った方は全員出演していただきますが、エントリー数が多かったため所要時間の調整が入ることがあるのでご了承ください。
今回も音楽のみならずバラエティ豊かな内容が出揃い、初出演の方もいらっしゃいます。
残念ながらエントリーが間に合わなかった方は、例年通り飛び入りタイムを各日二回ずつ設けますので
そちらでのご出演をご検討ください。
飛び入りタイムはステージ部門に出演していない方を優先します。

そして、「ブース部門」「展示部門」は二次募集を行います。
ブース部門は、客席後ろ側のテーブルを使って本やグッズなどの作品を頒布、配布する部門です。
オリジナル作品であれば、別の場所で頒布したことがあってもOKです。市販品や二次創作は不可です。
展示部門は、壁など店内に飾る作品を募集します。こちらもオリジナルに限ります。

二次募集は枠がいっぱいになり次第締め切りとさせていただきます。早いもの順です。
わからないことは気軽にご相談ください。
よろしくお願いします!
posted by トリオンプ文化祭 at 14:15| Comment(0) | 文化祭実行委員会よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月04日

第8回トリオンプ文化祭出展エントリー開始!

ごきげんよう。次回文化祭は
2017年1月21日(土)~22日(日)の二日間に決定しました。
両日ともお昼頃から20時ごろまでの予定です。
ただいま全部門出展エントリー受付中です!

トリオンプの店内で可能な内容なら基本的に何でもOK。
エントリーは
★ステージ部門:ライブ、映像、トーク、参加型イベントなど。
★ブース部門:頒布、配布など。オリジナルのみ。
★展示部門:壁や店内に飾る作品。オリジナルのみ。
の3部門で募集しています。
飲食部門はご相談ください。

ステージ部門は一グループ60分以内、同じ代表者による複数エントリーは所要時間を合算します。
トリオンプへご来店の上、エントリーシートに記入をしてエントリー完了です。
過去の出展と同ジャンルのエントリーで、ご来店が間に合わない方はご相談ください。
初出店の方は文化祭の説明があるので、エントリーにいらっしゃる前にご一報いただけるとありがたいです。
ご不明な点は気軽にお尋ねください。

7月末日まで1次エントリー、以降出展枠の残っている部門があれば2次エントリーをします。
皆様のご参加お待ちしております♪
posted by トリオンプ文化祭 at 17:39| Comment(0) | 文化祭実行委員会よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

★音楽祭お疲れ様でした。(小林未来;GS伝説)

unspecified.jpg
タイガース・トリミング.png

★↑荒木さんから届いた画像1(他1)です。

■皆様お疲れ様でした。今回はセットリスト構成が良かったとのお言葉もいただけまして、ありがとうございました。さらにさらに、コントロールを向上していきたいと思います。タイガースの場合、テンプターズに比べて楽曲じたいの完成度バランスは良いと思われ(まぁ危うさがテンプターズなんですが)、その点は聞きやすかったのではないかと振り返りますが、いかがだったでしょうか。

■なんか、ほっとしてあんまり書けません。時間がたってアンケートをトリオンプに提出される分も含めて集計したら、またここで発表してみようかと(気持ちとしてはサボらなかったらやるかと)思っております。

■最近は後日書き込みしなかったので久々ですが、よろしければ、他の皆さんも…‥と存じますが気が向けばよろしく、と楽しみにしつつ。
posted by トリオンプ文化祭 at 03:43| Comment(0) | 2016年春の音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

2016年春のトリオンプ音楽祭のご案内

ごきげんよう。今年で4回目の開催となります「トリオンプ音楽祭」は
年に一度の「トリオンプ文化祭」の音楽ステージのみを独立させた派生イベントです。
今年はなんと過去最高のエントリー数で、11組が出演します。
タイムテーブル、出演者名はこちらの記事でご確認ください。
恒例の飛び入りタイムもありますよ。

2016年4月16日(土)
open 11:30 start 12:00 close 20:00
終日フリーチケット前売or予約 1500円 当日1700円 ワンドリンク券付

※開場中の出入り自由です。
※店内にて軽食とドリンクを販売しております。店内への飲食持ち込みはできません。
※お席は全席自由です。
※無許可での写真、動画撮影はご遠慮ください。
※ご歓談は出演者や観客のご迷惑にならないようにお願いします。

これから当日に向けて、出演者の皆様からのご挨拶を当ブログにアップしてまいります。
ぜひチェックしてみてください。
よろしくお願いします♪

posted by トリオンプ文化祭 at 17:22| Comment(0) | 2016年春の音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

★音楽祭 ザ・タイガースが再び登場します。〜今回は前期から後期へ変わる歌世界の変容を追ってみます〜

★GS伝説 小林未来☆です。(秋葉原だしコスプレ;カバーシンガーかな、と思いつつ…‥)

■ライブGS伝説(カバー)、この音楽祭では再び第2世代GSの王者ザ・タイガースを特集します。2014年トリオンプ文化祭ザ・タイガース特集ではGSブーム真っ盛り時代の、1967年〜68年前期タイガースからヒット曲中心のライブ構成でした。今回はGS人気にかげりが生じ、やがて終焉を迎える時代の「後期切なさ系ラブソング」を中心に歌います。

■後期タイガースにはより本格的ROCK SOUNDになってくる曲もありますが、後期の全貌を現させるにはちょっとこじんまりな音楽祭かなと(人気でエントリー繁盛メデタシ/笑)。ならば「後期切なさ系ラブソング」サイドに注目して、後期だけではなくタイガースの全活動期間の変容を感じてもらえたら面白い構成になるかと企画まとめました。それで前期メルヘン貴公子ラブソングも1〜2曲歌って前後期の変化の比較にもふれながら、中盤から後期に現れたフォークソング系の曲を…‥タイガースの残したフォークっぽい曲、それってどんな? …‥っていうような趣きも織り交ぜながら、この変化を感じていただければ、と思います。(参考にテンプターズの残したフォーク系曲は「涙のあとに微笑みを」など)


■GSの時代から、ニューロック、フォークソングの時代へ変わるっていうことを、ざっくり説明しますと、まず1960年代はビートルズから始まるギター中心構成のバンドが台頭し、多くのバンドが世界に生まれます。(と言っても当時はロシア、中国、東ヨーロッパは共産圏なのでポピュラーミュージックは無いか地下活動) 日本では寺内タケシさん命名と伝説されるグループ サウンズが多く結成され活躍して、現在につながる音楽界が生まれた時代と言っても良い。逆にいうと、ここまでは歌謡曲らしい歌謡曲の溢れていた時代。GSがその音楽時代の転機になったといえるかと。

■そしてGS絶頂の時代は、、世界ではビートルズが先駆けたギターバンドユニットのサウンドにも、バンド編成にも多様化が訪れてきた1960年代後半。ロックも激しさを増してゆきローリング ストーンズも活躍、ブルースロック、ハードロック、ジャズロック、ホーンロック(ブラスロック)、プログレッシブロック、アートロックなんて呼称も生まれ、説明もウヒャーで追いつかないまま。こういったロックの大サウンド化、高度化、さまざまの状況を日本ではニューロックと総称したので、ここでもそのように総称するけど、この言葉は日本のみで通用するもの。ともあれこれがGS全盛から衰退の時代の状況です。

■時期を同じくしてアコースティックなフォークソングも大きなジャンルを形成してくる。PP&M、ジョン バエズ、ボブ ディラン、S&G、以下略、ともかくエレクトリック音量&ドラムスで迫るロックに対して、こういったアコースティック音楽、そのアーチストが台頭してくる。


■話を戻すと、タイガースは(注/あくまでざっくり説明ですから)、多くのGSの中からザ スパイダース、ブルーコメッツが二大巨頭で覇を争っていたGS第一世代の時代に、まず京都で沢田研二以外の4人が「サリーとプレイボーイズ」で活動中、他GSのヴォーカリスト沢田研二をスカウトして「ファニーズ」となり陣容が整い、ほどなく大阪のナンバ一番専属になり…‥略…‥ナベプロにスカウトされて東京進出、作曲家すぎやまこういちに育てられデビューからヒット曲を連発、二大巨頭を押し分けて首位に立った。すっ飛ばして説明すると、これがザ タイガースの成功物語です。

■それまでの段階でもGSは洋楽並みの出来の曲もいくつか生み出していたし (スパイダース。カーナビーツ。ゴールデンカップスなど)、かつ歌謡曲に近い曲も当時の日本の音楽市場の中では作って、それでも既存の歌謡曲よりずっとPOPSな世界を打ち出していた。

■では以下私見、GSその特徴とは美意識の高い純愛が基盤であり、純愛性の高みへの表現から当然メルヘンチックな美しい世界とリンクした歌世界を創り出して行く。それはタイガース以前に、すでに二大巨頭以下多様なGSが打ち出していたのです。しかしそこに現れたタイガースはそれを決定的に高め、より純度の高い世界で他を圧倒し首位に立った…‥と言えるのではないかと思います。

■話を急ぐと、やがてGS全盛もかげりを向かえ、後期に向かってタイガースの曲も模索しながら変容して行きます。私が見るにそれは前期の空想的、夢のメルヘンファンタジーのロマンがだんだん薄まって行き、現実の愛の世界に近づいて行くような気がします。しかし一貫しているのは、愛の純度の高さではないのかな、と見受けています。

■ [-★- まとめ -★-] それで今回の曲構成は…‥「前期メルヘン貴公子の世界」にまず触れて、「後期の現実純愛の世界」へ移って行き、別の側面としてフォーク系の曲を入れて(「後期しっとり現実純愛」の曲で、ややしめっぽくなるかもな雰囲気をリセットしてもらいながら)進めよう、といったプランでございます。2015文化祭ザ・タイガース特集に続いて後期の曲に踏み込む今回のライブ、本格的な後期特集の予告編かも? まずは今回の曲を聴いていただいて、どんなふうに感じて貰えますか、何か感じていただくものがあるかな、ある場になれば…‥と思っております〜。よろしくお願いします。

…‥結局このボリュームになってしまいましたが、予定遅れ陳謝。この内容当日プログラムでも配ります。
posted by トリオンプ文化祭 at 20:29| Comment(0) | 2016年春の音楽祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする