2024年04月12日

高坂夏海、結局推しの布教に始まり終わる説。

ごきげんよう。高坂夏海です。

いよいよトリオンプ音楽祭まであと2日。

1日通して音楽に溢れたほのぼのイベントですので、会場にいらっしゃる皆さまも、配信でご覧になる予定の皆さまも、是非ともゆるりとお楽しみくださいね。

私高坂はと言いますと、現在いち推しの二次元アイドル曲を色々と弾いて歌っていく予定です。

トリオンプ音楽祭_240401.png









二次元アイドルにも色々ありますが、高坂の推しについて気になった方は「ツキプロ(もしくはツキウタ。)」で検索してみてください。イケメンたち(または可愛い女の子たちと可愛いマスコットたち)がたくさん出てきます。二次元のみならず2.5次元舞台もたいへんクオリティが高く(再現度的に)、今年の1月(ちょうど文化祭直前w)にはデビューから5年越しの最推しアイドル様2.5次元ご登場に大興奮したものです。


・・・なんて語っていると文字数が5桁に達しそうなので、話を戻します。

かれこれもう7〜8年は推しているコンテンツですが、絵柄やコンセプトはもちろんとにかく楽曲が良い。トリオンプ界隈の皆さまには、ぜひそんな楽曲を作っている人たちにも注目していただきたいところです。


つまるところ、ぜひ原曲を聴いてよ!と言いたいところではあるのですが、今回の弾き語りがその橋渡しに少しでもなれば、こんなに嬉しいことはありません。

日曜の夜、まったりかつ少し賑やかに、イベントの締めとなれば幸いです。

皆さま、音楽祭でお会いしましょう〜♪

posted by トリオンプ文化祭 at 22:58| Comment(0) | 文化祭実行委員会よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月16日

OBS Studioの配信環境を複数人のパソコンで同じように設定したときのメモ【Pt.Spoon/千紗みかん】

この記事の件名を見て「Qi◯taかZ◯nnでやれ」と思ったITエンジニアの方、お仕事お疲れ様です。
同人サークル『Pt.Spoon』の千紗みかんです。
「お前だれよ?」という方は、この辺とかこの辺の記事を読んでください。

今年は文化祭ブログの執筆が大幅に遅れてしまい申し訳ないです。
なにせ転職したてでヒーコラ言っておりまして……。詳しくはFANBOXの会員限定記事で書いたので、気になる人は入会して読んでください。
記事の日付は見なかったことにするんだ、いいね?

あ、そうそう。今年は久々に千紗みかんの単独出展ですのでご注意ください。
とはいえ私の出展物はいつも通りでそんなに語ることがないので、今回は違った側面から記事を書きたいと思います。


さて、配信ってすごく大変ですね……w
ツイキャス等のスマホから配信できるプラットフォームからスマホ一台で配信する分には問題ないのですが、パソコンでOBS Studioを使って〜となると、経験のない方にはとても難しい作業なのではないでしょうか。
X(旧Twitter)でよく見かける『VTuber準備中』のアカウントで、一向にVTuberデビューできない人の半分くらいはOBS Studioの設定で詰まってるんじゃないかと勝手に思ってます。お前もIRIAMライバーにならないか?(IRIAMライバー)

トリオンプ文化祭は2021年からライブ配信を行っており、配信作業を私がお手伝いさせていただいております。というのも、当時は店鳥含め出展者で配信作業に詳しい方があまりいらっしゃらなかったんですよね。キャシャーンがやらねば誰がやる。
とはいえ、配信作業が私一人で属人化してしまうのもよくないので、せめてOBS Studioの設定だけでも引き継げればと思い、現在マニュアル整備を行っています。
その中で気づいたことをメモします。

注意:ある程度OBS Studioの操作に慣れている方向けの記事です。慣れている方なら分かるような詳しい説明は端折ります。


必要なもの
  • ノートパソコン
  • OBS Studio
  • Googleアカウント

やったこと
1. Googleドライブの作成
まずはGoogleドライブにフォルダを作成し、OBS Studioの配信画面で使っている素材(背景画像やBGM等)を格納します。
使用しているパソコンにGoogleドライブのデスクトップ版がインストールされていない方は、同時にインストールしてください。
その後、配信を引き継ぎたい方からGmailアドレスをヒアリングし、閲覧のみの設定で共有権限を付与します。

2. OBS Studioのソース編集
続いてOBS Studioを開き、シーンで使用している背景画像やBGMをGoogleドライブに格納したファイルのパスに変更します。

3. OBS Studio設定のエクスポート
OBS Studioの設定項目は『プロファイル』と『シーンコレクション』の二箇所あり、それぞれ.jsonファイル形式でエクスポートできます。
(エクスポートのやり方はググってください)
エクスポートした.jsonファイルはGoogleドライブに格納します。

4. Googleドライブの設定
ここからは配信を引き継ぎたい方がお手元のノートパソコンで行う作業となります。
共有権限が付与されると、Gmailアドレスにメールが届くので、本文内のリンクをクリックします。
先程共有したフォルダが表示されるので、マイドライブに追加します。
その後、パソコンにGoogleドライブのデスクトップ版をインストールします。

5. OBS Studio設定のインポート
Googleドライブのファイル同期が完了したら、OBS Studioより『プロファイル』と『シーンコレクション』の設定をインポートします。
(インポートのやり方はググってください)
『OBSはサポートしているサードパーティプログラムから〜』というポップアップが表示された場合は、OKをクリックします。
インポートすると、『不足しているファイル』というポップアップにズラっとファイルが表示されますが、慌てずGoogleドライブ内にある同じファイルを指定すれば大丈夫です。
ウィンドウキャプチャやゲームキャプチャを使用している場合は、パソコン毎に読み込むソフトを設定し直す必要があります。

5. うまい!(テーレッテレー♪

一応、Windows・Mac共にこの手順でいけました。OSを選ばず使えるのはOBS Studioの強みですね。
マイクやビットレートの設定はパソコンごとに変える必要はあるものの、何も分からず初期設定のまま使うよりかは、他の人が使っている設定で使ったほうがよいのではいいのではないでしょうか。
何分初めての試みなので、もう少しいいやり方があったり間違っている箇所があるかもしれませんが、とりあえずこんなところで。


最後に
Qi◯taかZ◯nnでやれ(マサカリこわい)
posted by トリオンプ文化祭 at 00:00| Comment(0) | 文化祭実行委員会よりお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする